靴専科フランチャイズ募集。靴専科で独立しませんか。

靴修理・靴クリーニング・バッグ修理・バッグクリーニングのフランチャイズ募集

  • フリーダイヤル0120-929-217
  • 資料請求する

オーナーインタビュー

靴専科 名古屋池下店 玉野オーナー

どんな会社か見てみようということになり、
とんとん拍子に話が進みました。

ーー元々、法人の仕事をしているそうですが、既存の事業はどんなことをされているのですか?

賃貸アパートのリフォームと清掃をしています。

ーー靴専科を知ったきっかけはなんですか?

法人の社長や会長が、テレビで名古屋の靴専科が紹介されているのを見たのが、直接のきっかけです。元々、私が靴屋をやっていて、社長や会長と将来は靴に関わる仕事に携わりたいという話をしていたんです。社長や会長も靴やバッグが大好きで興味があったので、どんな会社か見てみようということになり、とんとん拍子に話が進みました。

私が靴やバッグが好き
というのも大きいです(笑)

ーー靴専科に加盟を決意した理由はなんですか?

私が靴業界で経験があり、社長や会長が革製品を好きだということが一番大きいです。あと、私が靴やバッグが好きというのも大きいです(笑)

ーーオープンするまでの苦労を教えてください。

やはり、研修が一番大変でした。修理やクリーニングを実際に行うのは初めてでしたので、苦労しました。あと、店舗をどこに出すべきか悩みました。色々な店舗を見させていただいて、やっとここに決まった感じです。店を出すにあたってリサーチを元に考えたのですが、最終的な決断には迷いました。

一番大切なのは接客なので、笑顔がきちんとできるか、
物事に対して積極的であるかを重視しました。

ーーオープン後にはどんな苦労がありましたか?

難しい修理や、クリーニングでどうしても汚れが落ちないときは苦労します。経験や技術的な部分もあると思うのですが、できないことをお客様にお伝えしなければいけないときは辛いです。

ーー従業員の雇用で気を付けている点はありますか?

面接するときに「どんな仕事をしていたの?」など聞きましたが、一番大切なのは接客なので、笑顔がきちんとできるか、物事に対して積極的であるかを重視しました。初めは接客ができなくて当たり前。だから、ポジティブな面に気を付けています。

「キレイに直った!」というお言葉をいただけたとき、
やっていて一番良かったと思います。

ーーオープンして良かった点を教えてください。

お客様から大事な靴やバッグを預かって、修理やクリーニングをして引き渡す際「キレイに直った!」というお言葉をいただけたとき、やっていて一番良かったと思います。

ーー現在の課題はなんですか?

仕上げのスキルアップであったり対応できるメニューを増やしていくことです。最初は簡単な作業のメニューでも工房に出していたんです。でも、これからはスタッフ一人ひとりがスキルアップして、多種多様なメニューをこなせるように技術面を高めていくことが一番大事になってきます。

大変やりがいのある仕事です。
二重三重の喜びがあります。

ーー今後の目標を教えてください。

地域の皆様、個々のお客様にいかに喜んでいただくか。そのために自信と技術を確立させていくことが目標です。

ーー加盟を検討している人に一言お願いします。

大変やりがいのある仕事です。修理やクリーニングをして結果が出ると、自分が満足できる。それに加え、お客様にも満足していただける。二重三重の喜びがあります。ぜひ仲間になっていただいて、一緒に仕事をやっていけたら嬉しいです。

オーナーインタビュームービー

靴専科オーナーのリアルな声をお聞きください!
【収録内容】

  • Q.店舗のオープン後に苦労した点は?
  • Q.店舗がオープンしてからの課題は?
  • Q.法人加盟で事業体制は変わりましたか?
  • Q.今後の目標は?
  • Q.この仕事に向いている人は?
  • Q.靴専科に興味を持たれた方へ
  • 東京
  • 大阪
  • 名古屋
  • 九州
  • 仙台

資料請求する

お電話でもお問合せを受け付けております